お客様相談窓口お客様相談窓口
facebooktwitter
お問合せ
背景

安全技術

icon-1トヨタのクルマに搭載されている安全技術

安全の追求から生まれた
『Toyota Safety Sence』『ICS〈インテリジェントクリアランスソナー〉』

Toyota Safety Sence(TSS)

tss

ICSクリアランスソナー

駐車時踏み間違いフォロー機能

トヨタのクルマが全ての方にとって安心して運転できるクルマであるために生まれたパッケージが「Toyota Safety Sence」です。

icon-2 こんなシーンに心当たりありませんか?

tss-1tss-1m
うっかり前方不注意で前方車に追突しそうになった
運転の疲れがたまってぼんやり
夜間、遠くの歩行者に気づくのが遅れた!
Toyota Safety Sence(TSS)にパックされた3つの技術が事故に発展するのを防止します
自動ブレーキ プリクラッシュセーフティシステム(衝突回避支援タイプ)
車線逸脱アラート レーンディパーチャーアラート
自動ハイビーム オートマチックハイビーム

tss-2tss-2m
高速道路の運転は疲れるなあ
追従走行支援 レーダークルーズコントロール Toyota Safety Sence Pに追加されている技術

Toyota Safety Sence(TSS)にパックされている機能

tss-icon-1
自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、警報とブレーキアシストおよび自動ブレーキで、車や歩行者との衝突を回避するシステムです。

step

1.先行者・歩行者を検出した場合
2.衝突の可能性が高まりブレーキを踏んだ場合
3.ブレーキが踏めず自動ブレーキがかかる場合

自動ブレーキシステムにはこれら3つのステップがあります。STEP1の段階でドライバーがブレーキを踏むのがベストですが、それを過ぎても、衝突を回避するために最大限のサポートをします。

衝突の危険があるとき
ブレーキを踏んだ場合
ブレーキを踏めなかった場合

tss-icon-2
車線逸脱アラート(レーンディパーチャーアラート)

長距離運転による疲れなどで、ついうっかりぼんやりして車線をはみ出す・・そんなときに警報を鳴らす「車線逸脱アラート(レーンディパーチャーアラート)」。
これにより、重大な事故に至る前に、自ら走行位置を戻して危険を回避することができます。
車体検知
警報
単眼カメラで道路上の白線・黄線を認識しながら走行し、ウインカーが操作されずに車線が逸脱する可能性があると注意をうながします。

tss-icon-3
自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)

手動でロービームとハイビームを切り替えて走行していると、夜道をロービームで走っているときに歩行者の横断を見逃して事故に・・ということも考えられます。
夜間の歩行者死亡事故は発見の遅れが大きな要因になります。オートマチックハイビームは、先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能です。
ハイビームで走行
ロービームに自動で切り替え
再びハイビームに復帰

tss-icon-4
追従走行支援(レーダークルーズコントロール)

設定した速度で定速走行したり、先行車と適切な車間距離を保ちながら追従走行ができる機能です。これにより、重大な事故に至らないようブザーによる警告や速度の調整を行い、前の車と一定の距離を保つことができます。

前を走る車をミリ波レーダーでとらえて追従走行します。高速道路での追突などを予防できます。

tss-4tss-4m
1.定速走行 希望の速度(約50㎞/h~100㎞/h)を設定すると、一定の速度を保ったまま走行。
2.減速制御 (約50㎞/h~100㎞/h)を設定すると、一定の速度を保ったまま走行。
3.追従制御 減速後は先行車の車速に合わせ、希望の車間距離(3段階)で追従走行(車速上限は設定車速まで)。
4.加速制御 先行車がいなくなった場合は、設定した車速までゆっくり加速。再び定速走行へ。
※停止保持制御/発進制御 [全車速追従制御付のみ]先行車が停止した時は合わせて停止。発進はスイッチまたはアクセル操作で追従走行を再開します。
※先行者発進告知制御 [Toyota Safety Sence C(TSSC)の付帯機能]先行車が発進したとき、ブザー・ディスプレイ表示でお知らせする機能です。

Toyota Safety Sence C(TSSC)とToyota Safety Sence P(TSSP)

3つの安全〈TSSC〉と、追従走行支援をプラスした〈TSSP〉の2種類があります

Toyota Safety Sence(TSSC)

tss-5-1-1

〈検知装置〉レーザーレーダー/単眼カメラ〈検知対象〉前方の車両
レーザーレーダーを搭載し、前方の車両を検知します。
TSSの3つの機能「自動ブレーキ」「車線逸脱アラート」「自動ハイビーム」と、センサー技術を活用した、「先行車発信告知機能」も付帯しています。

Toyota Safety Sence(TSSP)

tss-5-2-1

〈検知装置〉ミリ波レーダー/単眼カメラ〈検知対象〉前方の車両と歩行者
ミリ波レーダーを搭載し、前方の車両と歩行者を検知します。
TSSの3つの機能「自動ブレーキ」「車線逸脱アラート」「自動ハイビーム」、安全技術のひとつである「追従走行支援」の機能が搭載されます。

ICS〈駐車時踏み間違いフォロー機能〉インテリジェントクリアランスソナー

ICSは、深刻な問題となっている「踏み間違い」を防止するために生まれました

高齢者によるアクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに衝突するなど、踏み間違いによる悲しい事故が多発しています。
ICSは踏み間違えて慌てても、運転者をサポートし重大な事故を防ぐ技術です。
tss-6-1
ics-1

駐車場事故での踏み間違いが約7割、後退時が約4割減少しました

アルファード、ヴェルファイア、プリウスについて2016年6月までの18カ月間に駐車場で発生した事故を調査。
内、約2,500件の事故データを調査した結果、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故件数は約7割減少し、後退時事故件数については約4割減少という結果を得ることができました。
tss-6-2

不意の衝突を防ぐために。
8つのソナーが前後方向の障害物を感知し自動でブレーキ

ソナーとは超音波センサーのこと。カメラとは違い、障害物がガラスでもしっかり感知。ドライバーが誤ってアクセルを踏んでもブレーキをかけます。前後方向に対応しているのでバック時も対応します。
ICSインテリジェントクリアランスソナーは、目の前の壁との衝突を避けることを最優先する安全装備です。
tss-6-3

ICS搭載車

一部のグレードに標準装備かつ一部のグレードにメーカーオプション設定。